近鉄花園ラグビー場食堂@東花園

  • 2010/11/27(土) 22:39:15

今回は、ラガーマンあこがれの地・東花園にやって来ました。
線路の高架化にともなって、駅舎も綺麗にリニューアルされてます。

駅を出て、通称「スクラムロード」を進むとラグビー場があらわれます。
今シーズン好調の近鉄と豊田織機の試合の観戦の序で、場内の食堂を訪れました。
  
メニューは、トライカレー(¥700)、タックルうどん(¥600)、日替り定食(¥730)など

トライカレーはドライカレーではなく、卵フライがのったごくごく普通のカレーですが、
意外に皿が深くボリュームがあります。

社員食堂(?)にしては少々値段が高いかな・・・
スタンドで熱々の名物フカヒレスープをすするのも一興ですが、
食堂でゆっくり食べるのもまた一興ですね〜
(営業時間は15時まで)
ごちそうさまでした

目指せプレーオフ!

たこつぼ@石切

  • 2010/09/25(土) 00:00:00

今回は、神話と夢と信仰の街・石切にやってきました。
  

参道沿いには、漬物屋や豆腐屋などのシニアターゲット丸出しのお店が軒を連ねますが、
さらに目をひくのは、「占い横丁」なるものがあるほど各種占い屋の充実っぷり。

さらに参道を下っていくと、

日本で3番目!という石切大仏がお目見え。
何が3番目なのかは不明ですが、若干胡散臭さを感じるのはなぜ・・・

さて、今回訪れるのは参道の中腹あたりにあるこのお店。
大阪以東では珍しい明石焼き専門店です。

メニューも堂々の!


注文してから5分ほどすると、店内から玉子の優しい匂いが漂ってきます。
程なくして、薬味、出汁、明石焼(¥600)が時間差で到着!
 

一見、白湯かと思うほど透明感のある出汁に、取り放題の三つ葉・生姜を入れ
そして、主賓の明石焼をくぐらせます。

鮮やか!

熱々の明石焼を噛み締めつつも、出汁もすすり、生姜も噛みながら口内大忙し!
明石焼は、中にはタコがだいたい2個は入ってます。
粉っぽくなくて、玉子たっぷり感が嬉しいですね〜

持ち帰りの明石焼きでよくある、
三つ葉と生姜の少なさに汲々としながら食べる時の心境とは大違いです(貧乏性が・・・)

いやあ、門前町での名店の味、堪能しました。店も家庭的で◎

ごちそうさまでした

髭鯨@近鉄八尾

  • 2009/10/19(月) 00:00:00

今回は、歯ブラシのまち・近鉄八尾にやって来ました。
(駅前には歯ブラシのモニュメントもあるそうです)


近鉄八尾駅の西出口を出て、目前の道を挟んだところに現れる屋台・・・


ここが、鯨で一杯できる今回のお店です。
鯨と無縁な我が世代にとっては楽しみでもあります。

秋風が寒いくらいでまずは芋焼酎のお湯割(¥380)を舐めつつ、
前のおでん鍋で煮込まれているおでんを適当に見繕ってもらいます。
ちなみに、焼酎のお湯はマホービンで提供され、自分好みの濃さに調節可。
上から時計回りに、鯨コロ(¥480)、鯨さえずり(¥580)、大根(¥150)

ツーンとくる練りがらしを添えて、出汁たっぷしのおでんは冷めた身体に沁みます・・
コロの食感が独特でしたね〜出汁も鯨の風味も目立ちすぎずいい塩梅。

箸休めのポテトサラダ(¥200)をつまみつつ、続いて

鯨のしょうが焼き(¥480)

初めての鯨肉はどうです?と店主に聞かれ
「陸の哺乳類の肉と海の魚の身をたして2で割った感じですかね〜」と曖昧にコメントすると、
他のお客さんも交えて、鯨の肉は何に似ているか談義となりました
(ちなみに出た結論は馬肉でした。)

最後に、ここでは外せない〆メニュー

鯨のハリハリ鍋(¥980)+中華めん(¥300)

生でもいける鯨の脂身を、黒胡椒香る出汁に溶かし込み、
こちらも生食可の鯨赤身&シャキシャキ水菜をさっとくぐらせれば
鯨フルコースのフィナーレを飾るにふさわしい、ほっこり感を味わえます。

いや〜店内の雰囲気もよく、手ごろな値段で鯨を堪能できるいいお店です!
今度はベーコンや生ものも味わってみたいですね。

ごちそうさまでした

大阪今里やきそば@長瀬

  • 2009/10/12(月) 00:00:00

今回は、近畿大学の最寄り駅・長瀬にやって来ました。


駅を降りると、笛太鼓の音が響いて、なにやら賑やかな様子・・・


おとなり弥刀神社の秋祭りが開催されている様でした。
こういったコミュニティの催しが今なお続いているのは、下町ならではですね!

さて、ご当地B級グルメの中でも焼きそば勢の躍進は凄まじく、北は黒石から南は日田まで、
今や日本で石を投げれば焼きそばに当たる状態になってます(謎)

そんな中、関西でも「今里やきそば」なるものがあると知り、今回の訪問となりました。
通称学園通りを大学に向かって進むこと数分、件の焼きそば屋さんがあります。

早速お店に入り、生中(¥480)で喉を潤したのち、豚キムめし(¥680)(写真上)と
これを食べれずには帰れない名物・今里やきそば(¥480)(写真下)を注文。


豚キムめしは、ご飯の焼き加減にムラがあった気がしました・・・が流石ビールに良く合います!
そして、今里やきそばは、牛肉と玉ねぎだけのシンプルな具でしたが、「そば」というには麺が太い!うどんと中華そばの間くらいありましたね。
味付けはウスターソース風?だったと思いますが、卓上の一味を振り掛けるとさらに味のバリエーションが楽しめます。

ご当地焼きそばとして全国区になるには、少々インパクトが少なかったかもしれませんね

店内は小奇麗ですし、水や野菜などの材料にもこだわりを持っておられるそうです!

ごちそうさまでした

本格薩摩鶏料理鳥鳥@河内小阪

  • 2008/09/07(日) 00:06:01

奈良線きってのキャンパスタウン 河内小阪にやって来ました



目指すは、鳥料理の店である鳥鳥(とっと)です
「鳥鳥」と書くと何だか生々しい感じですが、
「とっと」と読むことによって、その生々しさを感じさせません


さてさて、まずは前菜

ネギタマ塩サラダ(¥399)
シンプルなのがイイ!

つづいては、

鶏皮ギョーザ(¥294)とお替り自由ののキュウリ漬
鶏皮ギョーザにカレー塩が合う!

デザートと思いきや・・

じゃがバター(¥315)
アイデア賞!
しっかし、安いもんばっかり写真に撮ってるなあ…ってことで

メインの

せせり身焼き(¥924)
せせり独特のしつこ過ぎないコリコリ感がたまらん
ゆず胡椒がいいアクセントです

あと、なぜか焼酎がとっくりに入って出てきます

アットホームな雰囲気が心地よかったお店でした
ごちそうさまでした

珈琲館ロックヴィラ@鶴橋

  • 2008/08/30(土) 02:25:46

第1回目は近鉄でもっとも乗降の多い駅鶴橋にやってまいりました!


朝は、ラッシュ特有のピリピリ空気が漂い
昼間は写真のような、鉛色のくすんだ空気が漂い
夕方になると焼肉のタレ臭が充満した空気が漂う

そんなカオスな街鶴橋で何を食べようか


とふと前を見ると、こんな看板がホームから見えたのであります。

コリアンタウンならではの発想ですが、いざ足を向けるとなると勇気が要ります。
とりあえずは謳い文句の「意外な美味しさ」のみを頼りに、
たこやき屋やキムチ屋などが立ち並ぶ商店街をくぐり抜けると・・・


ありました!ロックヴィラ!
なんだか字体が怖いですが…

意を決して入ると店内は、
昼休み中のサラリーマンから子供連れのファミリー、買い物帰りの二人連れなど
幅広い客層でいっぱい。
常連さんも多いようで「いらっしゃいませ」言うよりも「まいど!」的なやりとりが目に付きます。

アウェイ感を押し殺し、目的のキムチサンド(¥600)とコーラ(¥350)を注文します

店内は、ところどころレンガ造りであったりサイフォンでコーヒーを作っているなど、
なかなか正統派の喫茶店。

そして、待つこと数分、ついに「意外な美味しさ」が登場!!


いい焦げ目のついたトーストに、
ハム・キュウリ・マヨネーズで和えたゆで卵 といった定番メンバーと
存在感たっぷりのギュッと汁気を絞った白菜キムチ
が、はちきれんばかりに入っています。

それで、肝心の味ですが・・・
美味〜〜い、とまではいきませんでしたが
思ったよりイケるな!ってな感じでした。

白菜キムチがマヨネーズと絡んでて辛味が全く無しでした。
にんにくが微かに香るのみで、意外とまとまった味になってました。
もう少しキムチが少なくてもいいかな。

なんやかんやで全部食べてしまいましたわ!

他に例えようのない個性的な味わいでした。
ごちそうさまでした