鰻 木屋@市役所前

  • 2009/03/01(日) 22:53:37

名古屋に来て名古屋名物を何一つ食べずに帰るのもアレだということで、
ひつまぶしの美味しいお店に行くことにしました。



最寄り駅は、地下鉄の市役所前。
出口が明治時代っぽい造りでなかなかよろしいな〜

数分歩くと、いい匂いがしてきます


店外に流れる鰻のよひにほひ(←明治時代風)についフラフラと吸い込まれてしまいます

お昼ということで満席でしたが、すぐに席につくことができ、
鼻息も荒く、ひつまぶし(¥2650)を注文!

鰻の名店は結構待つと聞いていたので、覚悟しつつ中日スポーツなどを読んでいましたが、ほどなく到着♪



やはり、鰻のボリューミーな感じが嬉しいですね〜
まずは、普通バージョンでいただきます。。

口に入れた瞬間、外のカリカリが思ったより感じられます。
そして、すぐにふんわりとした身が口の中でほろりと崩れる。
そこにタレが染み込んだご飯が加わり、でらうみゃーなのです。
正直、卓上の山椒なんか要らない風味でしたね

続いて、薬味(ネギ・刻みノリ)を加えたバージョンで…


個人的には、これが一番好きだったりしますが…
やっぱり美味い。ネギとノリの風味がさらにタレの味を引き立てます

比較したら失礼なんでしょうが、どこぞやのラーメン屋のチャーシュー丼を思い起こさせる味です(笑)

合間に奈良漬をポリリと齧り、肝吸いを味わいつつ、お櫃の中はどんどん減っていきます。

そして、〆はやっぱり…


だし茶漬けバージョンで。
ワサビも加えて、先程のこってり感を消してくれます。

食後の満腹の余韻に浸りつつも、ひつまぶしのような一人三役こなせる器用な人間になりたいな〜って思いながら、お店を出ました

ごちそうさまでした

ピッツア・サルヴァトーレ・クオモ@伏見

  • 2009/02/24(火) 23:35:56

引きつづき、名古屋グルメの続きです

名古屋地区ののオフィス街、伏見にやってきました。

出口直結のビルの1Fにこんな看板を発見!




映画「おくりびと」に負けず劣らず、ピッツア界でのアカデミー賞を受賞したピッツアがあるようなので、早速店内へ…

木目調のなかなかぬくもりの感じられる店内です。 
とりあえずの、


ハウスワイン(デキャンタ¥1600)と、席代代わりののさつま芋のアグロドルチェ
一杯目のワインは沁みるものがあります
ちなみにアグロドルチェとは甘酸っぱく味付けしたものということらしいです。

つづいて、前菜盛り合わせ(¥1200)

左から、カボチャのアグロドルチェ・甘エビのセモリナフリット(=セモリナ粉で揚げたもの)・鶏肉のマリネ
料理名は長いですが、味つけはシンプルそのものです。
個人的には甘エビを揚げるという発想がなかったのですが、普通に美味しかった!
前菜にぴったりなさっぱり感が、この後のピッツアへの気持ちを助長してくれます(←大げさ??)

そして遂にメインの登場!
まずは…

マルゲリータ(¥1800)
うまーーい!
チーズ+トマト+バジルだけなのに飽きません
生地も厚すぎず薄すぎず弾力があって美味しい
そのまま1枚まるごといけそうです

つづいて、もう一弾


クワトロフンギ2008(¥2100)
勢いのあまり、カメラに収めることも忘れて食べ始めてました…

このピッツア(←そろそろしんどくなってきた)は名前のとおり4種類の茸が入ってます。
こちらはさっきほどの衝撃はなかったですが、あっさりヘルシーな感じです。
タバスコがあれば欲しかったな〜

とにかく、生地が美味しかったのが印象に残りましたね

イタリア語も勉強できました(笑)
ごちそうさまでした