京極スタンド@河原町

  • 2009/08/08(土) 23:27:00

今回は、京都有数の繁華街・阪急河原町にやって来ました


人通りの少なめな9番出口を出ると、そこには新京極商店街が広がります。
今ドキの店が軒を連ねる中に、昭和の香りのする洋食屋さんがあります

この店構え、昭和のオシャレな感じが出てますね〜

洋食屋ということなんですが、意外にここを居酒屋感覚で使う人も多いらしいので、
今回は「洋食」をアテに昼酒を食らいたいと思います。
ということで生ビールセット(中)(¥980)を注文

中ジョッキですが、ジョッキがデカい!
冷奴は豆腐の水切りが悪いようで、残念。
大理石づくりのテーブルが年期入ってます。

そして、メイン皿の

本日は、枝豆・スパサラ・メンチカツ・揚ギョーザのラインナップ

いやはや、野菜2種、肉気2種とバランスがいい。
この横に、ご飯と味噌汁が並んでいても不思議でない、流石洋食屋ならではのアテですね〜

店内は、中央の通路を挟んで左側の円卓はは食事の人、右側の大理石テーブルは飲み中心の人っていう棲み分けになってるみたいです。

あと、伝票が

独特ですな〜

今度は洋食に挑戦だ!
ごちそうさまでした

そば処 桝富@東山

  • 2009/08/06(木) 23:39:44

今回は、「つ〜きはお〜ぼ〜ろに〜」で有名な京都・東山にやって来ました

祇園四条から少し離れて、閑静で心地よいところです


駅を出てすぐ、路地裏の町家沿いに蕎麦屋さんを発見!
「うん、蕎麦も悪くないな」と自分を納得させて暖簾をくぐります


陽射しはないものの、ジメっとした暑さだったため、
昼から失敬失敬と呟きつつも、黒サッポロ小瓶(¥420)で喉を潤します。
うん、夏はやっぱしビールですね〜
そして店長おすすめという鴨せいろ(¥1150)を注文
初めての店は、おすすめの料理に身を任せるのがマイスタイルなのであります

さあ、来ましたよ〜



だし汁には、鴨がごろごろ入ってます。表面が脂で光ってるのがいい!
この鴨のだし汁だけでビールが進む進む!山椒風味も香ります。

一方、「わび」「さび」「禅」を体現している、コントラスト的には地味なお蕎麦ですが、
意外にコシがあってびっくり!自家製石挽蕎麦ということで拘りの逸品のようです

蕎麦+鴨肉+だし汁+時々葱+三つ葉のシンプルなのに飽きない、
あっという間に食べてしまいました。残っただし汁は蕎麦湯で割って頂く。
蕎麦湯最高!


店内は、間断なくお客さんがやって来ましたが、
かといって賑やかでなく終始落ち着いて、安心感漂う雰囲気です。
老舗のなせる技ですかね。。

ごちそうさまでした