手づくりうどん美ノ吉@結崎

  • 2009/10/30(金) 00:00:00

今回は、近鉄橿原線の結崎にやって来ました。


改札を出て、西の方を道なりに15分ほど進んで行くと・・・
川のほとりに

「面塚」という石碑が建っています。

これは、はるか室町時代、この結崎の地に
空から翁のと一束のネギが落ちてきた、という
シュールな伝説による石碑なんだとのこと。

じゃあ、一方のネギはどうなったのか・・・ということですが
これは現在、「結崎ネブカ」という品種として大和野菜に認定されたそうです。

ということで、結崎ネブカを食べずして帰れない、とうことでこちらのお店にやって来ました
結崎駅から東の方向に歩いてすぐのうどん屋さんです。
緑色のネブカの幟が、鮮やかですねぇ

店内に入り迷わずネブカうどん定食(¥650)(※季節限定)を注文!
待つ間、卓上にあった結崎ネブカの紹介のパンフをパラパラ・・・


葉っぱが繊細であるが故に流通に不向きで、栽培が一時途絶えかけた
というドラマがあったそうです

さて、来ましたよ〜
 
いわゆる肉うどんに、結崎ネブカがたっぷし載ってます!
ネブカの下には、きざみ揚げ・わかめ・かまぼこも入って具沢山です。
ネブカは辛くなくむしろ甘めで、少し濃い目のダシと良く合いますね〜。
クタッとなった食感もイイ!

店頭でうどんを打っているだけであって、うどんも適度なコシがあります。

従来の葱のクセの強さを排して、逆に周りの素材と一体となる。
そんな謙虚な葱の生き方もまた一興ではないでしょうか。

流通が不向きなだけに、逆に地産地消のいいアイテムになりそうですね。

普通にうどんもの・丼ものも充実してますので、
今度は名物のカレーうどんも食べに行かねば。。

ごちそうさまでした



髭鯨@近鉄八尾

  • 2009/10/19(月) 00:00:00

今回は、歯ブラシのまち・近鉄八尾にやって来ました。
(駅前には歯ブラシのモニュメントもあるそうです)


近鉄八尾駅の西出口を出て、目前の道を挟んだところに現れる屋台・・・


ここが、鯨で一杯できる今回のお店です。
鯨と無縁な我が世代にとっては楽しみでもあります。

秋風が寒いくらいでまずは芋焼酎のお湯割(¥380)を舐めつつ、
前のおでん鍋で煮込まれているおでんを適当に見繕ってもらいます。
ちなみに、焼酎のお湯はマホービンで提供され、自分好みの濃さに調節可。
上から時計回りに、鯨コロ(¥480)、鯨さえずり(¥580)、大根(¥150)

ツーンとくる練りがらしを添えて、出汁たっぷしのおでんは冷めた身体に沁みます・・
コロの食感が独特でしたね〜出汁も鯨の風味も目立ちすぎずいい塩梅。

箸休めのポテトサラダ(¥200)をつまみつつ、続いて

鯨のしょうが焼き(¥480)

初めての鯨肉はどうです?と店主に聞かれ
「陸の哺乳類の肉と海の魚の身をたして2で割った感じですかね〜」と曖昧にコメントすると、
他のお客さんも交えて、鯨の肉は何に似ているか談義となりました
(ちなみに出た結論は馬肉でした。)

最後に、ここでは外せない〆メニュー

鯨のハリハリ鍋(¥980)+中華めん(¥300)

生でもいける鯨の脂身を、黒胡椒香る出汁に溶かし込み、
こちらも生食可の鯨赤身&シャキシャキ水菜をさっとくぐらせれば
鯨フルコースのフィナーレを飾るにふさわしい、ほっこり感を味わえます。

いや〜店内の雰囲気もよく、手ごろな値段で鯨を堪能できるいいお店です!
今度はベーコンや生ものも味わってみたいですね。

ごちそうさまでした

大阪今里やきそば@長瀬

  • 2009/10/12(月) 00:00:00

今回は、近畿大学の最寄り駅・長瀬にやって来ました。


駅を降りると、笛太鼓の音が響いて、なにやら賑やかな様子・・・


おとなり弥刀神社の秋祭りが開催されている様でした。
こういったコミュニティの催しが今なお続いているのは、下町ならではですね!

さて、ご当地B級グルメの中でも焼きそば勢の躍進は凄まじく、北は黒石から南は日田まで、
今や日本で石を投げれば焼きそばに当たる状態になってます(謎)

そんな中、関西でも「今里やきそば」なるものがあると知り、今回の訪問となりました。
通称学園通りを大学に向かって進むこと数分、件の焼きそば屋さんがあります。

早速お店に入り、生中(¥480)で喉を潤したのち、豚キムめし(¥680)(写真上)と
これを食べれずには帰れない名物・今里やきそば(¥480)(写真下)を注文。


豚キムめしは、ご飯の焼き加減にムラがあった気がしました・・・が流石ビールに良く合います!
そして、今里やきそばは、牛肉と玉ねぎだけのシンプルな具でしたが、「そば」というには麺が太い!うどんと中華そばの間くらいありましたね。
味付けはウスターソース風?だったと思いますが、卓上の一味を振り掛けるとさらに味のバリエーションが楽しめます。

ご当地焼きそばとして全国区になるには、少々インパクトが少なかったかもしれませんね

店内は小奇麗ですし、水や野菜などの材料にもこだわりを持っておられるそうです!

ごちそうさまでした