モンパルナス@阪神尼崎

  • 2010/10/22(金) 00:00:00

今回は、“阪神間最大のエアポケット”尼崎の中心地・阪神尼崎にやって来ました。

駅の北出口を出ると、噴水や花壇があったりで、
秋晴れの天気とあいまってとても気持ちがいいですねえ

さてさて、せっかくなら「アマ」ならではの食べ物を・・・と探した末に行き着いたのが・・・

駅西改札を出て徒歩5秒!駅構内にあるこちらの喫茶店です。

キャラ立ちした惣菜パンの中でも随一の個性派・ピロシキは、
ここ尼崎が日本での発祥の地とのこと。

店内は外装とは裏腹に、いわゆるチェーン店にはないホームメイド感があります。
客層の年齢層が高めなのも頷けますね。

ガラス越しに厨房の様子も見えます。

早速、ピロシキ1ヶにドリンクがついたピロシキセット(¥500)を注文。
 
ドリンクはティーソーダを選択。
ピロシキですが、やはり生地表面はさすがに油っぽいですが、モチモチ系。
中身は、ゆで卵と玉ねぎとひき肉のよう。結構パサパサ。胡椒風味がきいてます。

玉ねぎの甘さはほとんど感じなく、終始スパイシーでした。

目まぐるしい駅の中にありながら、ゆったりと時間が流れているお店って貴重!

ごちそうさまでした

居酒屋おもろ@大正

  • 2010/10/02(土) 00:00:00

今回は、関西のリトル沖縄・大正にやって来ました。

ということは、必然的に沖縄の味を求めに行くことになります。
ということで、駅を出てすぐの路地裏にあるこちらのお店を訪れます!


まずは、オリオンビールの生中(¥550)で乾杯!
右は連れの頼んだゴーヤドライ(¥840?)という発泡酒

いや〜のっけから沖縄気分を満喫します。

付出の、千切り大根と鮭の和え物と、ブリの刺身(!)をつつきながら島料理を待ちます。
5時半ともなると、カウンターの席は満席に。2階の座敷にも人がどんどん入っていきます。

まずは、島らっきょう(¥630)/海ぶどう(¥630)/焼きポーク(¥840)

島らっきょうは初めてでしたが、楽しい食感と浅めの漬かり具合が絶妙で酒のアテとして文句なし!

沖縄初心者にとお勧めの泡盛・残波の白(カラカラ¥1,100)にお酒をチェンジ


あわせて、沖縄料理の王道・ゴーヤチャンプル(¥820)や、
身がプリプリのカジキマグロの天ぷら(¥820?)などを注文しましたが、
写真の豆腐よう(¥630)は珍味過ぎて、箸が進みませんでした

〆に選んだのは、

ソーキそば(中:¥630)
この平打ち麺が好きなんですわ〜
優しい味が、度数の強い酒で疲れた五臓六腑にしみ渡ります。
卓上のコーレグースを入れるとまた味が引き締まる!

活気のある店内といい、貼られている新聞記事といい、そして立ち並ぶ島酒の瓶といい
しばし沖縄にタイムトリップできました。美味かった!なんくるないさ〜(←これは意味なし)

ごちそうさまでした