麺屋あまのじゃく@富雄

  • 2009/11/14(土) 00:00:00

今回は、静かなるラーメンの激戦地、富雄にやって来ました。


そんな激戦地の中でも、もっとも駅近にあり、人気店のお店を訪れます。
(※追記:訪問時には既に、駅の北側すぐに「ジャンク屋哲」というラーメン屋さんができていました。正確にはここが最も駅近ですね)


いつ訪れてもだいたい10人の行列は覚悟しないと入れません。。
今回ももう日が変わろうという時間ですが、11人目の客として並びます。

店外の待合のベンチの足元には、ヒーターが置かれていて気遣いも抜群。
こういう細かなサービスも人気店たる所以なのかもしれません。

さて、今か今かと待ちわびて、テンションを上げていきます
15分ほど待って、ようやく入店!

塩とんこつ(¥650)を注文します。

店主の手際が良く、あっという間に来ましたよ〜
 
(右は煮玉子+¥80)
待った分、スープの温かみが沁みる!鰹風味が結構漂います。
クリーミーですが、甘ったるさがない味です。

特筆すべきはチャーシュー。
冷たくそのまま器に盛る店が多い中、最後にひと炙りすることで
脂が染み出てジューシーさが際立ちます。

次から次に来る客に急かされることなく、淡々とかつ丁寧にラーメンを作る店主と、
愛想よく軽妙なやり取りで、待たせた客に温かく接する奥さんとの
絶妙なバランス感覚が見てて素敵でしたね

味でもそうでしょうが、そういった点でリピーターが多いのも頷けます。
ごちそうさまでした