てっちゃん@鵜方

  • 2010/05/02(日) 00:00:00

今回は、志摩市の中心街・鵜方にやってきました。


さてさて今宵は、駅から12~13分ほど歩きますが、
地元民の舌をも唸らす、伊勢志摩の海の幸を味わえるお店に向かいます。


この店構えから感じられる「家族でやってます!」雰囲気が、期待をもたせてくれますねぇ

それでは早速・・・


いつもワンパターンですみません生中と付き出し。
付き出しは、青菜の胡麻和え?と、山芋が練りこまれたようなごま豆腐です。
こういう新しい味に、付き出しの段階で出会えるのは嬉しいなあ

どのメニューも目移りして迷いに迷ってしまいますね・・・
そんな中注文したいくつかを紹介!
魚の部から
  

 
刺身盛り合わせ(左上) 魚の骨せんべい(真中) 白魚のかきあげ(右上)
しめさば(左下) 鯖の味噌煮(右下) 

特に、カウンターの上に乗っていたものを揚げてもらった魚の骨せんべいは、塩味ほどよくビールの肴にぴったり!

その他の部では
  

 
だし巻(左上) 豚の角煮(真中) 鴨の治部煮(右上)
カマンベールチーズ西京焼き(左下) 筍の天ぷら(右下) 

西京焼きは、チーズと味噌のコラボですので濃厚極まりなし!
春の味覚、筍もエグみもなくシャキシャキ歯ごたえがたまりませんね〜

その他数品頼み、お酒もあと3杯ほど飲んで、一人5,000円ほどでした。
(※ちなみに各料理の値段をメモした紙をなくしてしまい、失念してます<(_ _)>)

一品一品、量は多いという訳ではないですが、すごく丁寧に作られている感じがしましたね。
自分が座ったのは掘りごたつのテーブルでしたが、どの席も畳敷きになっていて
我が家感覚のくつろぎ感を覚えます

いやぁ〜噂に違わなぬイイお店でした!
ごちそうさまでした